製品案内

製品案内 季節の風物詩/夏

季節の風物詩 夏

鱧
関西の夏の味覚の代名詞
祇園祭、天神祭には鱧料理が欠かせないといわれるほど、関西の夏の味覚として珍重されている鱧。日本では本州の中部以南に棲息しています。鱧は夏に生きたまま運べる生命力の強い魚だったことから、海から遠い京の都で鱧料理が発展。暑い夏を乗り切る食べ物として、大切にされてきました。名前の由来は、大きな口を持ち、鋭い歯で咬みつく事から「咬む」が変化したと言われています。
鱧
国産中心の新鮮なハモを熟練の技で骨切り
とりわけ京都人が好むのが、ハモの湯引きです。ハモは硬い小骨が多く、皮を切らないよう包丁で身に細かく切り込みを入れていきます。
この「骨切り」は熟練の技が必要で、料理人の腕の見せどころ。骨切りした鱧を、熱湯にさっとくぐらせて冷まし、真っ白になった身を梅肉で食べる湯引きは、淡泊な中にもしっかりした旨みがあります。

鮎
目に美しく、口に香りよい鮎
清流に生息するアユ。目にも美しいアユですが、その身は淡泊で、別名『香魚』と呼ばれるほどのすがすがしい香りが珍重されています。太古の昔、神功皇后(じんぐうこうごう)が新羅征伐に際して、戦勝を占う川釣りを行いました。
そのときに釣り上げられた魚がアユだったそうで、以来、アユは『鮎』と記すようになったと伝えられるほど親しまれてきました。
鮎
厳選された国産中心の鮎を卓越の技で加工
アユの旬は、夏。食べ方は塩焼きが最も風味よく召し上がっていただけます。ただ、うねるように形よく焼きあげる(おどり焼き)には串打ちが必要で、姿形の美しさを堪能するなら、プロの技が必要だといわれます。塩焼き以外にも洗いや天ぷら、そして甘露煮や昆布巻きなどに加工され、古くから日本の食卓を彩ってきました。山福では、滋賀、徳島、和歌山など国産を中心に、厳選した鮎を取り扱っています。主力商材の一つで、原料、加工品まで幅広いラインアップでお客様のご要望にお応えできます。
ページのトップへ