製品案内

製品案内 季節の風物詩/冬

季節の風物詩 冬

子持昆布

子持昆布
ニシンは産卵期になると、海が盛り上がるほどの大群になって沿岸に押し寄せます。その時に、産卵場所に生えている昆布の表面に卵が生み付けらます。それを塩水漬けにしたものが「子持ち昆布」。
幻の食材と言われるほど貴重なもので、完熟した数の子と昆布の旨みとが相まって、独特の風味を持つまさに珍味中の珍味です。
子持昆布
山福では、このベラベラ地区とパートナーシップを結び、採取後すぐに船上で塩漬けするなどの技術で、「黄金のダイヤモンド」と言われるほどの高品質な子持昆布を販売します。
肉厚にびっしりと卵が付いた、最高級の子持昆布は山福ならではの素材。さらに、このカナダ産などの子持昆布を、カット、スライス、また加工品にし、バリエーション豊かにそろえています。

蟹
タラバガニ
鱈(たら)の漁獲される海で獲れることからタラバガニと言われています。
寒さが厳しい北太平洋海域に広く生息しています。山福では、主にアラスカ、ロシア産のものを利用。
カニの中でいちばん大きく、カニの醍醐味と存在感が感じられます。中でも身の詰まった脚は一級品。身の繊維が太く、甘みが強いため、焼いたり、刺身などにすると香ばしさが増します。和洋中に幅広く使えます。
ワタリガニ
世界中の暖かい海に生息するワタリガニは、古くから食用として親しまれてきました。ガザミ、タイワンガザミ、ジャノメガザミなどたくさんの種類があります。他のカニに比べて身がやわらかく純白、また、味も濃くおいしいと評判です。小さいサイズは唐揚げなどの中華料理用にぴったりです。
蟹
ズワイガニ
日本海をはじめオホーツク海、ベーリング海、アラスカ沿岸などに生息。毛蟹よりも身がやわらかく、甘みもあります。脚はもちろん、つめ部分も発達しているのでさまざまな料理に使えます。
紅ズワイガニ
日本海などの深海に生息しています。山陰の境港が水揚げ日本一。冬の盛り、市場は鮮やかな紅色のズワイガニで埋めつくされます。ほとんどはボイル工場へ直行し、姿のままではなく、棒肉、ほぐし身、フレークなど、さまざまに加工されます。
ページのトップへ